エイジングケアにぴったりの成分、プロテオグリカン

MENU

保水力が高い成分

 

プロテオグリカンの最大の特徴は、高い保水力です。プロテオグリカンはもともと、私たちの皮膚をはじめとして、軟骨などにも存在しています。今は化粧品などにもよく使われるようになりました。保水成分として有名なのは、コラーゲンやヒアルロン酸ですね。プロテオグリカンも同じく、肌を保湿したり、弾力やハリを維持するために働いています。

 

プロテオグリカンの効果

 

・ターンオーバーを促進
プロテオグリカンはEGFと似た働きをする成分です。たんぱく質の一種なのですが、皮膚の表面にある受容体と呼ばれるものと結びついてくれます。その結果肌が正常なサイクルでターンオーバーしやすくなり、肌の生まれ変わりを助けてくれるでしょう。

 

・抗酸化作用
酸化は肌トラブルの大きな原因です。プロテオグリカンには抗酸化作用があり、肌が酸化していかないように働いてくれます。

 

・ヒアルロン酸やコラーゲンを生成促進

 

ヒアルロン酸やコラーゲンといった肌に必要な成分を生成するように促してくれるといった働きも期待できます。その結果、シミやしわが発生しづらくなったり、元気を保ちやすくなるでしょう。

 

・炎症抑制効果
炎症を起こしてしまう細胞の生成を抑制します。炎症を抑える働きのあるサイトカインというたんぱく質の働きを促してくれるのですが、炎症が抑制されることで肌が炎症しづらくなる、などの効果が期待できますね。

 

 

プロテオグリカンって副作用はあるの?

 

プロテオグリカンを摂取するうえで気になる副作用ですが、もともと体内にある成分なので大きな副作用はありません。過剰に摂取しないようにして、適量であれば問題ないといえるでしょう。

 

プロテオグリカンを含む化粧品もありますし、肌のためなら化粧品でプロテオグリカンを取り入れたほうがいいのではと思うかもしれませんが、体内から補う目的でサプリメントもおすすめです。

 

サプリメントなら全身にいきわたってくれるため、効果が実感しやすくなるでしょう。