肌の老化の原因:光老化

MENU

紫外線には誰もがさらされている?

 

紫外線によるダメージが肌老化を招くといっても、紫外線って誰もが生まれてから浴びていますよね。生活のリズムなどによりますが、基本的には毎日さらされているものです。でも、紫外線は肌に対してとても悪い影響を及ぼすものとして知られています。実際にお肌を見てみてください。日々紫外線にさらされている部分のほうがだんだんと肌トラブルが増えますよね。でも反対に、普段紫外線にさらされることがない部分はあまり老化していないと感じませんか?

 

紫外線は誰もがさらされているものでありながら、肌にとってとても悪い影響を与えるものなのです。

 

紫外線の仕組み

 

紫外線には、UV-AとUV-Bの2種類があります。

 

・UV-A
メラノサイトを活性化させ、肌を黒くさせる、いわゆる日焼けをさせる紫外線です。急激に肌老化を招く紫外線ではないのですが、少しずつでもだんだんと肌にダメージを与えていき、光老化による肌老化を招いてしまうでしょう。特に問題なのは波長が長い、ということです。波長が長いので、室内にいてもガラスを通り抜けてきてしまいますし、晴れていない曇りの日でも降り注いでいます。

 

肌の角層や表皮なども突き抜けて真皮にまで届いてしまうので、肌のハリ成分であるコラーゲンやエラスチンを破壊するといった問題もあります。

 

・UV-B
UV-Aよりは波長が短いのですが、肌の表皮に対して主にダメージをあたえます。メラニン細胞が活性化、メラニンを生成することで日焼けしてしまいます。UV-Aよりもパワーは強いため、皮膚がんやシミなど表皮細胞がダメージを受けることにより起こりやすい問題が増えるでしょう。

 

しっかりと日焼け対策を

 

日焼け対策は美白を維持するためだけではなく、光老化による肌トラブルを防ぐため、でもあります。短時間しか外に出ないからといって日焼け対策をしないままにしていませんか?紫外線によるダメージは蓄積していきます。実は、加齢よりも光老化が原因で肌老化は起こりやすい、ということもわかってきました。
紫外線対策は念入りに、ちょっとした外出でも、室内でも油断せずに対策しましょう。