皮膚の老化の原因:細胞の酸化

MENU

酸化してしまうのはなぜ?

 

肌の酸化はどうして起こっているのか、それは体内に発生する活性酸素が原因となっています。活性酸素は、吸った酸素の一部が変化してできるものです。人が1日に取り込む酸素は700リットル程度なのですが、その中の2%程度が活性酸素になります。活性酸素にはウイルスや細菌など体にとって悪いものを攻撃してやっつけるという役目があるのですが、問題は活性酸素がたくさんできてしまうことです。

 

活性酸素がたくさんできてしまうと、通常はやっつける必要のない正常な細胞まで攻撃してしまい、細胞をやっつけてしまいます。細胞膜にある脂質と結合をして酸化させ、細胞が栄養を取り入れづらくなると同時に老廃物も排出できなくなり、老化は進んでいってしまう…という仕組みです。

 

酸化によって起こる肌トラブル

 

酸化が進んでいくと、真皮で肌のハリを維持するために働いている成分のコラーゲンがダメージを受けます。その影響で肌がハリや弾力をなくし、たるみやしわといった肌トラブルが起こりやすくなるでしょう。

 

また紫外線を浴びることによって活性酸素がたくさん作られることもわかっており、酸化を防ぎたいとメラニンが生成されることでシミといったトラブルも起こります。

 

何よりも活性酸素を増やさないこと

 

細胞の酸化によって起こる肌老化を防ぐためには、活性酸素をたくさん作らないようにすること、そして抗酸化力の高い成分を取り入れて酸化を防ぐことが大切です。

 

活性酸素が増える原因である紫外線を浴びないようにしたり、飲酒や喫煙といった活性酸素を発生させやすい生活習慣を見直したり、ストレスをためないようにする、というような増やさない努力をしてみましょう。激しい運動でも活性酸素は増えるといわれているので、負担が強すぎる運動は避けたほうがいいですね。

 

抗酸化作用がある成分を取り入れることも大切です。ビタミンCやビタミンEは抗酸化作用が高い成分として知られています。活性酸素が発生してしまうのは避けられないことですが、大量に発生させないためにできることがあります。増えすぎないように自分で量を調整しながら、活性酸素による肌老化を防ぎましょう。