肌のメカニズムを知ろう

MENU

肌の構造を知ろう

 

肌老化の原因を知るために、まず知ってほしいのが、肌の構造についてです。肌は外からの刺激から守る役割があります。外の空気に直接触れていますし、日々肌はいろいろな刺激を受けています。

 

肌には2つの層があり、表皮と真皮の層に分かれています。角質層を含む肌の表面にあるのが表皮、そしてその奥にあるのが真皮です。表皮にもいくつかの層があるのですが、基底細胞層という部分で新しい表皮細胞を作ります。そして、だんだんと押し上げられるような形で新しい表皮細胞が表面へ出てきて、角質層になるという仕組みです。この間の期間は約28日間といわれており、肌のターンオーバーの周期が28日間といわれるのはこの理由があるためです。

 

ただしこの生まれ変わりはずっと28日周期であるとは限りません。年齢とともにサイクルが乱れ、28日周期というわけにはいかなくなります。その結果、正常な角質層が作られずに肌が荒れてしまうでしょう。

 

もう一つの層、真皮については、毛細結果やリンパ管がたくさん詰まっています。真皮層は主に表皮層を支える役目があり、また栄養素や酸素を全身に送ったり、必要ない老廃物も運んでくれるでしょう。コラーゲンとエラスチンが主な成分で、その成分の間をつなぐようにヒアルロン酸が存在しています。

 

ただし、年齢とともにコラーゲンやエラスチン、そしてヒアルロン酸は減少していくことがわかっています。

 

構造がわかれば何が必要かわかる

 

肌のメカニズムを知ると、どこにどんな成分が必要で、悩みに合わせた化粧品選びや成分選びができるでしょう。表皮と真皮があるというと、肌って意外と厚いのではと思うかもしれませんが、厚みは最大でも1.5o程度です。表皮と真皮を合わせてもかなり薄いので、肌をこするだけでも真皮にまでダメージを与えてしまうでしょう。

 

肌のメカニズムを知って、自分の肌がどうなっているか考えることからエイジングケアを始めてみましょう。