エイジングケアとアンチエイジングの違い

MENU

エイジングケアとは

 

エイジングケアは、エイジング(老化)をお手入れする、という意味を持っている言葉ですね。基本的には、エイジングケア用のスキンケアなどを遣いながら化粧品で老化しないような対策をする、という方法です。年齢を重ねたお肌に合う化粧品を探して使うとか、そういったことがエイジングケアといえます。

 

アンチエイジングとは

 

アンチエイジングは老化のお手入れというよりも、老化を防止する、というような意味合いが強いです。エイジングケアが化粧品などを中心として外部からケアをするのが基本となるのに比べ、アンチエイジングは外部からだけではなく、生活習慣を改善したり、食生活を変えたりといった内面から本格的な老化防止をすることを指す場合が多いです。

 

アンチエイジングという言葉は使えない?

 

エイジングケアとアンチエイジングは似たような言葉でありながら、どうして2つの言葉で使い分けされているのでしょうか。その理由は、薬事法にあります。薬事法の関係で、アンチエイジングという言葉を使って販売できる製品は限られています。老化防止の効果が期待できる医薬部外品などに限られているのです。

 

そのため、化粧品として販売される製品の場合、アンチエイジングではなくエイジングケアという言葉が使われていることがほとんどでしょう。医薬部外品として販売されている化粧品は別ですが、基本はエイジングケアになると思います。

 

ただし、エイジングケアとして販売されているものがアンチエイジングとして販売されているよりも効果が弱いとか、使っても意味がない…というわけではありません。アンチエイジングとなると生活を変えたりと本格的なケアが必要になるので、いきなりは難しいでしょう。アンチエイジングのほうが老化防止という意味合いが強くなりますが、基本的に世の中では同じような言葉として使われています。

 

ただし、エイジングケアに使用する製品をチェックするときは、エイジングケアと記載されているか、それともアンチエイジングとして記載されているか、で医薬部外品かどうかの判断はできるでしょう。

 

少し意識して、2つの言葉をチェックしてみてくださいね。